災害時に役立つ講座・応急手当てセミナー

最終更新: 10月8日

〜地域や職場の自助力・共助力・協働力を高めるために学びませんか?〜





阪神淡路大震災時、被災地の医療機関には震災直後から外傷者が殺到して大混乱、電話もつながらず、交通事情は劣悪で、救急車も激しい渋滞に巻き込まれて、救急搬送も相当苦労されたそうです。いつ南海トラフや予期せぬ自然災害等、すぐには救急車や医療機関に頼れない事態が起こるかわかりません。自分達の身は自分達で守るための応急手当て、AEDの使い方等について学べます。

小学生以下のお子様を持つお母さん向けのイベント・セミナーのご依頼も承っております。

ご要望に応じて、きめ細かく対応いたします。

お気軽にご相談下さい。


13回の閲覧
ペンギンロゴ.png